バランスが整うと本来の自分に戻れる

アロマの仕事とクワドラント

アロマテラピー

経済が不安定な昨今、

物価が上がっても、給料は上がらない。

 

働く女性を香りで応援する

アロマ・コーチの堂新橋(どうしんばし)です(^^)

 

きっと、先々の生活を

起業を考えている人も多いと思います。

 

 

MLMとアロマ

 

アロマテラピーで起業されている中に

MLM(マルチレベルマーケティング)を

されている人もいらっしゃるでしょう。

 

 

この数年、とても増えてきているようにも

感じます。

 

 

お友達やママ友から誘われて

断れずに困った経験がある人はいませんか?

 

 

誘われたコミュニティ自体は

同じ年代の女性やママたちの集まりで

お話しするのも楽しいしけど・・・

 

 

勉強会への参加、

商品の購入や入会を執拗に迫られ

 

 

「あなたのお友達も誘って

一緒に仲間になりましょう♪」

 

 

実は、このお誘い型のビジネスが

MLM(マルチレベルマーケティング)です。

 

 

私も10年ほど前に経験し、知り合いを失いかけた

とても苦い経験があります。

当然のことながら、儲けなんて1円も出ず

借金だけが残りました。

 

 

一人起業の課題

 

この背景には、一人起業が増えた事と、

抱えている問題が影響しているようです。

 

 

それは一人では出来る事に限界がある事や

モチベーションを保ち続けることが

出来ずに続かなくなってしまう事。

 

 

その為には、ライバルとして戦うのではなく

お互い仲間やチームとして組む事が

活動の幅を広げるにも有効ですし

 

 

10年以上、一人起業をやってきたので

個人的にもその点は痛感しています。

 

 

 

なぜ今、こんなにMLMが流行っているのか

 

一人起業の課題解決の一つとして

価値観や方向性の合う、仲間やチームで

活動するというコミュニティ運営があります。

 

 

つい先日、女性起業家の集まりという事で

コミュニティに参加してきました。

 

これから起業したい女性や

すでに起業している女性にとっては

 

起業塾でも聞けないくらい

有益な話を聞くことが出来ました。

 

 

 

しかし、一点とても気になることが。。。

 

 

不労所得で経済的自立を手に入れる

 

女性が仕事もプライベートも共立させ

バランス良く起業を続けるには

経済的自立が必要になります。

 

 

そこで紹介されていたのが、

ロバート・キヨサキ氏が推奨している

「ESBIクワドラント」でした。

 

ロバート・キヨサキ氏は

「金持ち父さん貧乏父さん」の著者としても

有名ですね。

 

 

4つのクワドラント

 

象限でわけて考えるのですが、

 

Eクワドラント:サラリーマン

 

Sクワドラント:自営業

 

Bクワドラント:ビジネスオーナー

 

Iクワドラント:投資家

 

 

この中で、EとSは労働収入で

BとIが権利収入という考え方になります。

 

 

I の投資家になる為には、

一般的にお金も時間もかかるので

通常すぐには手を出せない領域ですね。

 

 

そこで、Bのビジネスオーナー。

 

フランチャイズや会社経営は難しいけど

MLMならば少ない資金で始められて、

しかも仲間作りが出来る

「みんなで幸せになる方法」

 

だと、推奨されていました。

 

 

 

コミュニティとMLMの関係

 

なぜ、ここ最近、

コミュニティ運営やMLMの話が

増えているのか、謎が解けた気分です。

 

 

全てのコミュニティがMLMを

推奨しているとは思っていませんが、

 

低価格の勉強会やミニセミナーとして集客し

誘致活動をされるというのがビジネスモデルのようです。

 

 

結果的にそこではMLMに勧誘された

わけではないのですが、

気持ちのいいものではありませんでした。

 

 

リピート参加されている人たちは

MLMは素晴らしいと考えているようで…

なんだか洗脳されている雰囲気を感じました。

 

 

 

MLMの正しい理解

 

MLMとマルチ商法はほぼ同じもので、

どちらも合法です。

よく混同されているネズミ溝は違法。

 

 

具体的には、以下のような条件(特定商取引法)を

全て満たす販売形態が「連鎖販売取引」とされます。

 

物品の販売(または役務の提供等)する事業であって

再販売、受託販売もしくは販売の斡旋をする者を

特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が

得られると誘引し特定負担(入会金、商品購入費、

研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引をすること

 

上記のような販売形態を、「連鎖販売取引」といいます。

 MLMは「連鎖販売取引」に則った販売形態であると言えます。

 

 

それに対して、ねずみ講と呼ばれるものは、

実際に販売する商品はなく、高額な会員費を支払い、

他人を勧誘する事で、その会員費の半分が分配される

仕組みで、無限連鎖防止法で禁止されています。(違法)

 

 

MLMに賛成派の人は、

たくさんの人が裕福になり、

お互いにwin-winの関係を築くことができるため、

皆が幸せになると教育をされているようです。

 

 

企業側(本部)にとっては、

会員による口コミによって成立しているため

広告費がいらないのでコストを抑えられる

考えられた販売モデルだとは感じます。

 

 

アメリカでは、このビジネスモデルは

多く存在するようです。

 

 

ですが、日本では敬遠されているのが実情です。

国民生活センターでも問題商法の筆頭に

書かれているくらいトラブルも多いのだと思います。

 

 

上の人だけが儲かる仕組みだから「悪」なのではなく、

下の方が行き詰ることが必至な理屈なのに、

それを「行き詰らない」と思わせて引き込む。

 

 

末端は、いずれ紹介者がいなくなり、

理論上破綻するシステムにも関わらず

デメリットを紹介もしないで、安易に儲かるという

勧誘方法でやるから批判されるんです。

 

 

まとめ

 

今回は一人起業とMLMについて

感じたことをまとめてみました。

 

個人的にはMLMを自身のビジネスとして

導入する事には反対です。

 

理由は、3つです。

 

1つ目は、ここは日本だからです。

ビジネスは信用・信頼で成り立っています。

多くの人が敬遠しているものを選択し、

それを失うのは違うのではないかと思います。

 

 

2つ目は、私自身の経験も踏まえて

「連鎖販売取引」は権利収入とは

言い難いものだと理解しているからです。

 

 

3つ目は、「本当に良いもの」には

強引な勧誘は存在しないと思っているからです。

自らの目と感覚で「良い」と思ったものならば

権利収入がなくても買いますし、売れます。

 

 

もちろん、これは個人的な価値観なので、

選択肢の一つとして有りだと思う方を

否定するものではありません。

 

一人起業の先輩またコンサルタントとして

お伝えしたいことは、起業をするという事は

さまざまな場面で覚悟をもって選択していく

必要が出てくるということです。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

Cocoroは 一滴の香りの力で あなたらしく生きる お手伝いをさせていただきます。

===============================

AHIS認定校 / ナード・アロマテラピー協会認定校

※初めての方はこちらを必ずご覧ください(アロマの注意事項)

 お客様の声 / お問い合わせ

 

公式LINEだけのお得な情報や

コラムなどを不定期でお届け中です。

ご予約やお問い合わせにも

スムーズにやり取りが出来ますので

お急ぎの方は公式LINEにご登録ください。

ID jbp6580f

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました