かかりつけセラピストの堂新橋(どうしんばし)です(^^)

アロマテラピー / サードメディスン / お問い合わせ

 

コロナもまだまだ安心できない状況の中

豪雨による天災にも見舞われた地域の皆様

心よりお見舞い申し上げます。

 

ペストが流行った頃、ヨーロッパの医師は

鳥のくちばしのようなマスクを使ったという図をよく見かけます。

 

何のためにあんな奇妙なマスクをしていたかというと

どうやら中には香料やハーブが詰め込まれていたようです。

 

現代の防護服のようなものにも香料入りのワックスが塗られていたそうです。

これは香料には抗菌や感染症に効果があるという事が

ヨーロッパでは昔から医師にも認知されていたという事です。

まさに今のアロマテラピー(芳香療法)に繋がっています。

 

 

日本では「癒し」のイメージが根強いアロマですが、

植物の本来の力はもっとパワフルで私たちの心身を守ってくれる

高い能力と価値を持ち合わせています。

この植物の力をもっと有益に活用して欲しいと思います。

 

 

例えば、ここ数年毎年話していますが…

私は防災グッズの中に必ず精油を入れています。

 

細菌やウイルスに有効に働くもの
〇ティートゥリー、ユーカリ・ラデイアタ、ローレルなど

 

気分をリフレッシュさせてくれるもの
〇レモン、オレンジなど

 

神経系に働いてくれるもの
〇ゼラニウム、マジョラムなど

 

気持ちを落ち着かせて入眠に働きかけてくれるもの
〇ラベンダー、マンダリン、ラヴィンツァラなど

 

精油以外にも、あると助かるのがハーブウォーター。

避難場所では身体の清拭やうがいなどにも使えます。

 

ティッシュやハンカチに1滴垂らすだけでも

十分に心の支えになってくれます。

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨今SNSやTVの中では健康情報が溢れている時代です。

どれもこれも試してみて情報難民や健康オタクになっていませんか?

自分に合った方法を知りたい!簡単にわかる方法があったら!と思ったことはないですか?

アロマテラピー(精油)は日々の生活を豊かに彩ってくれます。

なぜその香りを「好き」と感じるのか?

サードメディスン理論は、そんな香り(精油)に対する脳の反応から、

その人の今の状態や性格傾向を簡単に読み解く発明と、

様々な健康法や療法を分類する法則の発明で成り立つ理論です。

サードメディスン実施店 / ナード・アロマテラピー協会認定校
スケジュール / お客様の声 / お問い合わせ

お友だち追加もお待ちしてます! ID jbp6580f

友だち追加