一般社団法人 健康包括支援協会 基礎講座認定校 / NARDアロマテラピー協会 アロマ・アドバイザー資格認定校

使い切れなかった精油の活用法

アロマテラピー

働く女性を香りで応援する

アロマ・コーチの堂新橋(どうしんばし)です(^^)

 

おうち時間を楽しむ人が増えたり

リラックスを求めている人が増えて

アロマテラピーに使う精油の購買率が伸びているそうです。

 

 

そんな中、

「買ってみたけど、使いきれないうちに期限切れに」

「もう飽きて使わなくなっちゃって」

 

そんな方もいるのでは?と思ったので

今回は期限切れや古くなった精油を

余らせずに使い切る方法をご紹介します。

 

 

 

精油に使用期限ってあるの?

 

 

そもそも精油に使用期限があることを

ご存知ですか?

 

精油のパッケージを見てもらうと

メーカーによっては食品などと同様に

消費期限というのが書いてあります。

 

 

「消費期限」または「輸入年月」が

書かれていないものは個人的には使いません。

 

だって、なんだか怖いじゃないですか^^;

 

 

実は使用期限は、この消費期限とは

別物なんです!! ←ここ注意

 

 

使用期限は、精油ボトルの口をカチっと

ひねって開けた時から約1年間(柑橘系の

場合は半年)と言われています。

 

精油の成分比率や保存状態によって変化する

こともあるので、そこも注意が必要です。

 

 

開封していなくても、以下のような環境だと

劣化が進みやすいこともあります。

・灼熱の日差しの下に放置(車内とか)

・蛍光灯の熱がずっと当たっている場所に陳列

・キャップを閉め忘れていたり

・高温多湿な場所(キッチンや洗面所など)

 

 

使い切れなくなってしまう理由 ベスト3

 

 

どうして使い切れなくなるのか?

最近の傾向をみているとこんなふうな事が

考えられます。

 

 

1つ目は、

ネットで安い商品だからと思わず

たくさん買ってしまう

 

2つ目は、

有名人のインスタで見たオシャレな生活を

真似したくて買ってみたけど、実は使い方が

わからな〜い!(@_@)

 

3つ目は、

最初は良いなと思って買った香りなのに

日が経つにつれて「なんか好きじゃないかも」

となって使わなくなった

(匂いの好みは体調の変化によって変わります。

詳しくは嗅覚反応分析で知ることができます。)

 

 

 

余った精油を使い切る8つの方法

 

 

期限が切れて劣化した精油は酸化臭がしたり、

お肌につけてしまうと肌荒れやアレルギーが

起きて危険です。

 

勿体ない気持ちがあるなら、これから紹介する

方法で最後まで使い切ってあげましょう^^

 

 

1、スプレーを作ってキッチンの消臭と抗菌に

 

2、お風呂場のカビ対策スプレー

 

3、カップに重曹を入れてそこに数滴垂らして

  下駄箱や冷蔵庫などの消臭に

 

4、ボトルの内栓もとってリードディフューザー

 

5、重曹と精油数滴を混ぜて古くなった靴下に入れ、

  ブーツなどの靴の消臭と殺菌

 

6、トイレットペーパーの芯に香り付け

  (合成の香りより断然オススメです)

 

7、クローゼットの中の防虫・防ダニ対策に

 

8、ビジネスパーソンなら名刺を香らせ印象アップ

 

 

まとめ

 

今回は、使い切れなかった精油の活用法について、

普段のレッスン内でも生徒さんにもお伝えしている

簡単に誰でも試せる方法を8つご紹介しました。

 

意外と知られていない、精油の使用期限に

ついてもご紹介したので、この機会にお手元の

精油を確かめてみてください。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

Cocoroは 一滴の香りの力で あなたらしく生きる お手伝いをさせていただきます。

===============================

AHIS認定校 / ナード・アロマテラピー協会認定校

※初めての方はこちらを必ずご覧ください(アロマの注意事項)

 お客様の声 / お問い合わせ

RESERVA予約システムから予約する

 

LINE@だけのお得な情報やコラムなどを

不定期でお届け中です。

ご予約やお問い合わせもこちらからなら

ダイレクトに受け取れますので、お急ぎの方は

是非ともLINE@にご登録ください。

ID jbp6580f

友だち追加

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました