一般社団法人 健康包括支援協会 基礎講座認定校 / NARDアロマテラピー協会 アロマ・アドバイザー資格認定校

免疫のしくみ「俺か、俺以外か」

嗅覚反応分析

働く女性を香りで応援する

アロマ・コーチの堂新橋(どうしんばし)です(^^)

 

コロナの影響で

免疫の仕組みについては

もう知らない人がいないのではと

思うくらい関心が高まりました。

 

免疫とは、とってもシンプルに言えば、

「自分か、自分ではないか」

を見分ける機序のことです。

 

まるでローランド様の

「俺か、俺以外か」みたいね。笑

 

 

免疫の代表的な働きは

細菌やウイルスが入ってきたら

自分以外と判断し攻撃を仕掛ける。

(自然免疫)

 

次にそれと同じものが入ってきたら

すぐにわかるように目印を付けて退治をする。

(獲得免疫)

 

このような2段階の仕組みで出来ています。

 

 

この免疫の働きが暴走してしまい

本来はやってはいけない

「自分自身を攻撃する」ことを

自己免疫疾患といいます。

 

 

代表的なものに

関節リウマチ、アトピー性皮膚炎、

バセドウ氏病、膠原病、1型糖尿病

などが挙げられます。

 

 

いずれも原因不明のものが多いですが、

過去の香りの分析(嗅覚反応分析)の

カウンセリングを通じて考えてみると

 

家族や周りのために一生懸命

自分を犠牲にしても周りに尽くす

自分が我慢すれば丸く収まる

 

そういった心理傾向が強い女性が

とても多かったように思います。

 

 

医学的にも女性は妊娠した時に

お腹の中の赤ちゃんを「自分以外」として

攻撃してしまわないように免疫寛容が

生じるからとされているので、

 

女性は男性に比べ、異物に対する

防御耐性が緩やかになったり、

逆に強くなったりしやすいのでは

ないかと思います。

 

 

自己免疫疾患になりやすい人にとっては

ローランド様のように(また登場)

「俺か、俺以外か」の境界線を

しっかりと引けることは実は大事な

ことだとも言えます。

 

 

母として

娘として

親として

妻として

働く女性として

 

この役割をしっかりやっているからこそ

「私個人」と向き合うことが大事。

 

 

香りの分析(嗅覚反応分析)の

第一歩は「私を知る」ことから始まります。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

Cocoroは 一滴の香りの力で あなたらしく生きる お手伝いをさせていただきます。

===============================

AHIS認定校 / ナード・アロマテラピー協会認定校

※初めての方はこちらを必ずご覧ください(アロマの注意事項)

 お客様の声 / お問い合わせ

 

LINE@だけのお得な情報やコラムなどを

不定期でお届け中です。

ご予約やお問い合わせもこちらからなら

ダイレクトに受け取れますので、お急ぎの方は

是非ともLINE@にご登録ください。

ID jbp6580f

友だち追加

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました