数日前から急激に朝晩の冷え込みが強くなりましたね。

風邪など引かれていませんか?

 

かかりつけセラピストの堂新橋(どうしんばし)です(^^)

アロマテラピー / サードメディスン / お問い合わせ

 

 

先日、養命酒酒造株式会社さまの「養命酒だより」で

特集ページの監修をさせていただきました。

 

特集さていたのは養命酒の成分としても含まれている「シナモン」

 

精油の中でいえばシナモンカッシアです。

学名:Cinnamomum cassia(クスノキ科)

葉付き小枝を水蒸気蒸留法で抽出します。

 

香りはまさに「八つ橋」です(笑)

この香りを好む人は、冷静でクールな印象で、知識を吸収するのが好きな勤勉家。

性格はデリケートで悩みやすいところがあります。

 

抗菌や抗真菌の働きが強く、皮膚の感染症緩和などに用いることや、

発行抑制作用があることから「おなら」が気になるときにも使えますね。

 

血液流動作用で血の巡りを良くしてくれるので、

手足の冷え改善にこれからの季節は出番が多くなりそうです。

 

【冷え性対策レシピ】

シナモン・カッシア(血液流動作用など)

サイプレス(鬱滞除去作用など)

マジョラム(血管拡張作用など)

 

ファーナスオイル10mlの中に精油を合計10〜20滴(5〜10%)を混ぜて

ブレンドオイルを作り、1日2回手足の先に塗布。

またはバケツや洗面器にお湯を張り、数滴垂らして足湯をおこなえば、

足先だけでなく全身をポカポカ温めることができます。

 

ただし、シナモンは精油の中でもかなり皮膚刺激が強く

皮膚を荒らす危険性があるので、成人でも10%以下の濃度で使用し、

乳幼児、授乳中の女性、妊婦さんは使用を控えてください。

 

また冊子の中でも紹介されていますが、温めた豆乳シナモンや

夜はホットワインにシナモンを加えるのもおすすめです♪(^–^)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨今SNSやTVの中では健康情報が溢れている時代です。

どれもこれも試してみて情報難民や健康オタクになっていませんか?

自分に合った方法を知りたい!簡単にわかる方法があったら!と思ったことはないですか?

 

アロマテラピー(精油)は日々の生活を豊かに彩ってくれます。

 

なぜその香りを「好き」と感じるのか?

 

サードメディスン理論は、そんな香り(精油)に対する脳の反応から、

その人の今の状態や性格傾向を簡単に読み解く発明と、

様々な健康法や療法を分類する法則の発明で成り立つ理論です。

 

 

サードメディスン実施店 / ナード・アロマテラピー協会認定校

スケジュール / お客様の声 / お問い合わせ

お友だち追加もお待ちしてます! ID jbp6580f

友だち追加

 

 

海外の一部地域では医師や薬剤師の診断のもとアロマテラピーが医療現場で処方されています。

しかしながら、日本ではアロマテラピーに用いる精油は「雑貨」扱いです。

また医師法や薬事法により国家資格を持たない者の診断行為、治療行為、調剤行為などは、

厳しく規制されています。

当ブログに掲載の内容をもとにアロマテラピーを実践される場合は、必ず用法容量を守り、

あくまでも自己責任において判断し実施する事をお願いします。

精油の刺激性や毒性も個人差があり、体調によっても結果は異なります。

必ず、事前のパッチテストを実施を行い、何らかの異常を感じた場合は必ず医療機関を受診ください。

 

メディカルアロマの実施には正しい知識と、信頼出来る品質の精油が必要です。

期待の効果や結果が得られない場合、また万が一の事故が起こった場合も、

当方では責任を持ちかねます。予め、ご了承くださいますよう、お願いします。

 

アロマ空間Cocoro 代表 堂新橋桂子